夏休みの最後に娘と映画へ行き、またウダウダ考えた

読書&映画
スポンサーリンク
記事内に広告(商品プロモーション)を含む場合があります

夏休みの最後に娘と映画へ行き、またウダウダ考えた

 

スポンサーリンク

マイエレメント

 

昨日はマイエレメントを娘たちとみた!

 

 

やはり、喜怒哀楽が激しい映画は見ていて楽しいのーう。

 

というのも最近娘たちが好んで見てるNetflixのアニメって、なんというかゆるキャラ?っていうの?ああいうの多いね。

 

横目で娘たちの見てるアニメをチラ見しているアタクシ。

 

確かにあれ系は見ていて可愛いけど、何が言いたいのかおばさん的に全然わからないのである。

 

ドラマがあるアニメが好き

 

反面、ドラえもんとか、ちびまる子ちゃんとかは、起承転結、喜怒哀楽があって、アニメと言えどしっかりドラマがある。

 

クレヨンしんちゃんだって、しっかり物語がある。

 

ただ我が娘だけが特別なのかわからんが、感情にそこまで起伏が激しくないから、ドラマっぽい内容に感情移入できないみたい。

 

あと昔のアニメの内容が理解できないっていうのもあるみたい。

 

花輪くんが海外に住んでるお母さんとなかなか話せてないみたいな場面とか「え?メールでいいんじゃね?」みたいなことヒソヒソ言ってたし、まるちゃんの時代は土曜も学校だったこととかもびっくりしていた。

 

そうそう、ドラえもんとかは、今の時代にはあまり好ましく思われないような、男と女の違いみたいなのにフォーカスしてる部分も多いね。

 

なので、どうしても今の時代に悪く思われないようなアニメを作るとなると、平和で無理しない「ゆるキャラ」が選ばれるのかな。

 

おばさん現象!?

 

既に死後になりつつある「ゆとり世代」。

 

しかしその前からがっつり生きてきた昭和50年代のアタクシとしては、ゆるキャラが全部同じに見えて、個性がわからないのである。

 

ただ最近の芸能人も全部同じに見えるから、これもおばさん現象の一つなのかもしれない。

 

沖縄のお気に入りの映画館&パン屋

 

そうそう、最近このミハマプレックス7がお気に入りです。

 

ライカムの映画館の方が断然キレイなんだけど混んでるし、映画以外に買い物とかしちゃって浪費しちゃうから困ってたんだけど、ミハマプレックス7は古いけど空いてるし、駐車場から映画館まで近いから、多めに時間取らなくていいのが楽。

 

近くにイオンもあるけど、ここのパン屋がお気に入りでよく映画前に買って食べてます。

 

スマイルファクトリーRIN

 

ベーグルの自販機って発想いいね。

 

ってことで、今週もがんばるば~

 

ラエコ

 

めちゃ恋愛映画だった

 

タイトルとURLをコピーしました