「自分を大切にする」ということ

雑記ブログ
スポンサーリンク
記事内に広告(商品プロモーション)を含む場合があります

「自分を大切にする」ということ

 

ここ最近「自分を大切にする」ということについて考える。

 

私は兼ねてより、自分を大切にしてきた方だと思ってたんだけど、もしかしたらちょっと定義が違かったのではないかと。

 

こないだまで私が思っていた「自分を大切にする」ということは、安易なんだけど、寝たい時に寝たり、食べたいものを出来るだけ食べたり、適度に自分の時間を取ってマッサージに行ったり、嫌だなと思う人に会わないようにしたりとか、すごい実践的なことだった。

 

もちろん、普段がんばって動いてること前提での話。

 

なんというか、自分を大切にするのって「自分へのご褒美」みたいなイメージ。

 

これはすごい簡単にできることだし、「あー疲れた、頑張ってたし何か自分にご褒美あげたいな」と考えて、今すぐ出来そうなことのなかから満足するものを探して実践する感じ。

 

ただここ最近考えてるのが、「自分を大切にする」の「自分」って、肉体っていうより、自分の魂みたいなものを大事にすることで、決して後付けの「ご褒美」なんかではなく、日常的に意識していく、もしくは意識しないでも自分を大切にできるようにすることが、マイライフにとってベリーインポータント!なのかしらと(いきなりルー大柴風!)。

 

現代人は私も含め、自分がどうしたら心が豊かになるのか、自分は何を手に入れたいのか、自分の未来に何が必要なのか、が見えなくて見えなくて、それを知るために行き当たりばったりでトライアンドエラーを繰り返してるんだけど、本当は自分のことなんだから、自分の魂がちゃんと知ってるんじゃないのかな?

 

知ってたのに、この物質的な世界に飲み込まれて見えなくなっているだけなのではないのか~~とな。

 

自分の魂が、自分にもしっかり存在していたことを思い出すと、心に軸が一本通った気がするようになる。

 

焦って自分の未来のために行動しなくても、魂ちゃんとコネクト出来ていれば自ずと道は開けてる。

 

ということでそんな小難しいことを考えながらも、やっぱり好きなものを食べまくってる私なのである。

 

ラエコ

 

蒲田で羽付き餃子食べた〜世界で一番好きかも

 

タイトルとURLをコピーしました