人生のレールを外れたら…

雑記ブログ
スポンサーリンク
記事内に広告(商品プロモーション)を含む場合があります

人生のレールを外れたら…

 

こんにちは。

 

ラエコです。

 

 

某月某日、近ごろね思ったことがあるの。

 

最近、私と年齢が近い40代前後のお友達と話すと、ものすごい将来を不安に感じてる派と、なんとかなるっしょと楽観的派に分かれるのだ。

 

しかも、みんな生活レベルは大きく違いはない。

 

ものすごいお金がないわけでも、お金持ちでもなく、中の中、もしくは中の上くらいの家庭(もちろん内情はわからんがね)。

 

でも、この思考の違いはなんだろう…。

 

スポンサーリンク

スラブシティ

 

なんでこんなことを急に思ったかって言うと、この人の動画好きで新しいのが出るたびに見るんだけど、今回はスラブシティの動画だったのね。

 

 

Slab City(スラブシティ)とは、カリフォルニアにある、第二次世界対戦中に作られた海軍基地だった場所なんだけど、今は電気、ガス、水などのインフラもなくて、みんなキャンピングカーやテントで生活してて、物々交換で成り立つお店があったりな、なんでもありの自由な町。

 

忙しい世の中から離れて自由に暮らしたい人とか、みんないろんな事情や考えがあってやってきてて、ここは町として認められてないから法律も存在しなくて、超自由だけど、みんなで秩序を守って暮らしてるらしい。

 

悪く言えばホームレスや世捨て人、良く言えば新しいライフスタイルを持つ人っていう感じになるのかな。

 

んでこの動画見てアタシ思った。

 

「将来困ったらここに行くわ」って笑

 

で、「そうだ!将来をすごい不安がっていたお友達にも、この動画を教えてあげよう!!」と思ってスマホを持ったんだけど、直後に思った。

 

「待てよ、彼女にこの動画を教えてたら、行末はこれか!って余計不安になる気がする…やめとこ」って。

 

なんとかなる精神!

 

でもこの動画を見て、本当に行かないにしても、「いざとなったらここに行こうかな!」って思っちゃうのと、「こんな風になったらどうしよう!」ってさらに不安が増すのって、何が違うんだろうね。

 

価値観の違いだからどっちが良いとか悪いとかはないと思うんだけど、自分の娘には、「いざとなったらここに行こうかな!」って思うようなタイプになってもらいたいなと思う。

 

今のレールから外れても別の道があるし、それを生きてる人が世界にはたくさんいる。

 

ってことを知ってるって、その人の強みだと思うし、そっちのほうが生きやすいと思う。

 

もちろん立ち直れないくらいレールから外れるのは大変だけど、この世の中なにがどうなるか本当にわからんちんなわけで、レールなんかないに等しい。

 

だから、これからを生きる娘っちには、レールから外れても選択肢はそれはそれは山ほどにあるってことを知っててもらいたい。

 

そしてまだ発掘されてない選択肢も無数にあるから、それを見つける楽しみもあると思う。

 

私なんか20年前にメキシコに一人旅に行ったときにナンパされたメキシコ人と、細く長くFacebookのメッセージで繋がってて、いつか本当にお一人様になっちゃったら、メキシコに飛んで行こうとずーっと思っている笑

 

メキシコのアクセサリー職人!

 

お金なさそう、、、

 

 

レール外れすぎか?!

 

アモーレ!!!

 

laeko

 

【別件】

今日アマプラで、ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー見たんだけどめっちゃ面白いね笑 アラフォー声出して笑ったわ。超オススメです。

 

これ今日届いた!沖縄だと1週間くらいかかるってなってたけど4日くらいで届いて助かった。かなり可愛い。3900円くらいには見える。子供ハロウィンドレス買わなきゃ!って方は超オススメ。内地だと早く着くよねきっと。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2021年、娘2人を連れて家族で東京から沖縄に移住したラエコと申します。

 

 

暇さえあれば何かしら動いてる落ち着きがない性格です。

旅、読書、映画を愛してますが、日々すったもんだであまり時間が取れません。

日々何気ないこと呟いていますので、よければX(Twitter)も覗いて見てね。

ブログは

沖縄の暮らし

雑記ブログ

読書&映画

の日記に分かれてます。

しょーもないことばっか書いてますが暇つぶしにどうぞ。

 

タイトルとURLをコピーしました