親の呪い

雑記ブログ
スポンサーリンク
記事内に広告(商品プロモーション)を含む場合があります

親の呪い

 

いよいよ夏休みが始まってしまった!!

 

長女が行ってるフリースクールは夏休みってものがないのだが(助かるよね)、次女は今年から小学生になっため、いよいよ夏休みの洗礼を受けることとなる。

 

宿題チェック、四六時中一緒、3食ご飯などなど…

 

今日は、一緒に料理をしたり、絵具でお絵かきをしたのだが、これも夏休み初日ゆえ私に気持ちの余裕があったから。

 

なんなら、「今日料理にして、明日お絵かきにすればよかった…遊ぶネタを小出しにしないともったいない」とすでに後悔し始めている。

 

いやー沖縄、子だくさんの人多いけど本当に尊敬する!!

 

さて子育てにおいて私のようなペーペーが話せるようなことは何もないのだが…

 

あえて言うなら「親の呪い」をできるだけかけたくないなと思って、日々意識している。

 

ただ、意識しても呪いはかけまくってしまっていると思う。

 

特に同じ性別同士である「母親と娘」は呪いがかかりやすいので、要注意である。

 

例えば洋服を選ぶときに「白は汚れるから」とよく私が口癖のように言ってしまっていたのだが、次女が白い服を選んだときに、長女が「白は汚れるからやめたほうがいいよ」と制していた…。

 

たわいもないことだが娘たちに、「白い服 =汚れるから着ないほうがいい」という呪いをかけてしまったのは他でもないあたし。

 

別に白い服も気に入ったら着たらいいし、汚さないように気をつけたらいいし、小さいうちから気に入った服を「汚れるかもしれないから着ない」って思い込ませるのは親の勝手かな…と少々反省した。

 

でも日々反省しても次から次へと出てくるし、自分も親からかけられた呪いはたくさんあって、成長の過程でその呪いを少しずつ解いていくことで未来が切り開けた部分も多々ある。

 

できれば娘に呪いはかけたくないけど、かけてしまうと思うから、自分でその呪いを解いてくれるような人になってもらいたい!!

 

ということで、以上、夏休み初日に思ったことでした。

 

ラエコっち

 

今日娘と一緒に作った、ウインナーとアスパラとチーズを餃子の皮を包んで揚げ焼き。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2021年、娘2人を連れて家族で東京から沖縄に移住したラエコと申します。

 

 

暇さえあれば何かしら動いてる落ち着きがない性格です。

旅、読書、映画を愛してますが、日々すったもんだであまり時間が取れません。

日々何気ないこと呟いていますので、よければXも覗いて見てね。

ブログは

沖縄の暮らし

雑記ブログ

読書&映画

の日記に分かれてます。

しょーもないことばっか書いてますが暇つぶしにどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました