過去世

雑記ブログ
スポンサーリンク
記事内に広告(商品プロモーション)を含む場合があります

過去世

 

「前世を記憶する子供たち」という本を夜な夜な読んでいる。

 

キンドルで買ったから、本の分厚さはわからないが、割と読んでるけど、まだ全体の25%くらいまで。(関係ないけど、キンドルの「全体の何%読んでる」みたい表示、最初は気になったけど慣れるとあった方がいいなって思ってきた)

 

いやはや内容がまじすごい…

 

超研究してあって、そこに書いてある前世を記憶している子の症例もすごすぎる…

 

すごすぎて、ちょっと怖い。

 

心霊現象の本を読んでいる気分になってきて、夜暗いなか読むと怖くなってくるので、なるべく部屋を明るくして読んでいるという有様。

 

しかし、作者の方は至って研究者目線で冷静で、めちゃクール。

 

「これとこれは、個人の妄想の可能性もあるけど、これに関しては、こういった事柄から前世を記憶してると認めざるを得ない」などと分析していて、信頼できるのである。

 

さて、この本に書いてある前世は、よくある中世の騎士だったとか、どこかの武士だったとか、そういうのではなく、わりと最近の一般人が一般人に生まれ変わった事例が多く書かれており、びっくりした。

 

こんな早く、こんな身近で生まれ変わっちゃうもんなの?

 

亡くなる前に「誰々の子供として生まれ変わりたい」と宣言して、生まれ変わっちゃう人がいるの?!

 

など、アラフォーにして新しい世界を知ってしまった感じである。

 

あと、例えば過去世リーディングのようなものをして、「自分がアラブのなんちゃらの過去世だったのが見えた」と思ったとしても、それは、「思い込まされている」または、「過去に見た夢や映像などとごっちゃになっている可能性もある」みたいなことも書いてあって、それを言っちゃあおしまいやん、とも思ったけど、冷静にもなった。

 

ということで、私の魂もいつかは生まれ変わるのであれば、今世ちゃんと生きなきゃな~あ、チベット行ってみたいな、と思ってエアーチケットを調べたり、とにかく落ち着きがないアタクシなのであった。

 

でも沖縄ってスピリチュアルな人が多いから、こういう話しても普通に乗ってくるからちょっとウケる。

 

いわゆるがっつりスピ!って感じの人も多いけど、本当に普通の女の子が普通にスピ。

 

沖縄で知り合った人に前世の話したら、ほとんど全員が「私も過去世見てもらったことがあって~」って話が流れるから、さすが沖縄だわと思う。

 

「スピリチュアル系」って言葉苦手なんだけど、きっと私もこんな本ばっか読んだり考えたりしてるから、カテゴリー的には当てはまるかもしれない。

 

と思う今日この頃。

 

まあいいか、認めよう。

 

私はスピ。

 

ラエコ

 

私には冷たいのに、ぬいぐるみに手厚い娘とも、前世からのカルマがあるのだろうか

※寒い日に貼るカイロが貼られていたクマ

タイトルとURLをコピーしました