次はインドか

スポンサーリンク
記事内に広告(商品プロモーション)を含む場合があります

次はインドか

 

徒然なるままに~

 

いろいろ忙しくてブログを放置状態で、何を書こう。。?と腰が重くなっていたのだが、「そうだ、別に仕事じゃないんだから何書いてもいいんだった」と思って、書き始めたなう。

 

最近ネットフリックスでみた「ジョニー」というポーランド映画で、神父さんが「時間を捧げることが愛だ」と言うようなことをいっており(自分的解釈なのだが)、その言葉がなぜか頭に深く残っている。

 

たしかに今のこの世の中、人に「時間を捧げる」ってことが非常にハードルが高くなっている。

 

かくいう私もそう。

 

頭の隅では、娘が夕飯を食べてる時に目の前に座って近状を話したほうがいいなーとは思いつつも。。。

 

いま私お腹空いてないし、ここで風呂入っておけば時間的効率がいいし…とかを目まぐるしく考え、家族にでさえ「時間を捧げる」ってことって全然していないかもしれない。

 

もちろんご飯を作ったり、家族のためにあれやこれやするのも、れっきとした「時間を捧げている」ということだとは思うのだが…。

 

 

いやこれは、どちらかというと時間に追われていると言うほうが近いのか。

 

そして、話は飛ぶがインドに行きたい。

 

この本が本当に面白かったので、たくさんの人にすすめてる。

みんなに読んでもらいたい。

 

この佐々井さんの生き方こそ、人々に「時間を捧げる」生き方の代表格であった。

 

佐々井さんがお元気なうちに、ナグプール にいって町を見てみたい。

 

最近コロナも終わりつつあり、行きたい国、場所の欲望が止まらない。

 

旅行も「自分に時間を捧げる」という枠に入れても良いのあろうか…

 

 

 

京都で見つけた大黒様カワイイ

タイトルとURLをコピーしました