インド、インド、インド

スポンサーリンク
記事内に広告(商品プロモーション)を含む場合があります

ハロッチーラエコです。

 

 

週末は地元のハロウィンパーティーに参加してきた!

 

沖縄は本当に子供向けのイベントが多いね。

 

かなり助かる。

 

子供が自分でやった。うますぎる。

 

てか、地元のこういうイベント参加すると、「え!!こんな子供いるの!?」ってびっくりするよね。

 

子供、わんさか出てくる。

 

しかも無料でもらえるお菓子とかもたくさんあって、「予算大丈夫?!」とこちらが心配になってしまうくらい。

 

さて、話はだいぶ変わるのだが最近インドに行きたくてずーっと調べてる。

 

そんな私の徒然日記、、、

 

レッツゴー!!

 

 

インドに行きたい!

 

スポンサーリンク

ヤングなラエコ時代

 

インド、インドに行きたいのであーる。

 

去年もインド行きたい病発生して、うっかりエアーチケットをポチりそうになったが、寸前で我慢できた。

 

が、またインド熱が再発している。

 

もう、だいたいの旅のプラン、宿泊先まで決めている笑

 

ただなにせ独り身ではないゆえ、若い頃とは違い独断で決められない生活、、、

 

若い頃はお金はなかったけど、時間や自由が永遠にあった。

 

エアーチケットとかもできるだけ安ければいいと思ってたから、今思うと、かなり怪しい航空会社の飛行機とか乗っていた…。

 

乗り換え時間も長時間待機の過酷なエアーチケットとか買ってて、「空港で寝てやる!」って感じでロシアの空港の、タバコの煙ムンムンのところに寝たりしてた。

 

そして、あれ?

 

大人になったら、お金もないし自由もないし時間もない笑

 

しかも、若い頃みたいな過酷な旅も絶対したくない。

 

人生だいぶ、こじらせてます。

 

行きたい理由

 

さて、なぜインド、インドってずっと言ってるかっていうと、佐々木秀嶺さんって方、どなたか知ってるかな?

 

この本で佐々井さんのこと知ってね。

 

超面白い。キンドルが安くてオススメ!!

アマゾンもある

 

この本が超絶面白くて、読み終わってからずっとインドが私の頭の片隅にある。

 

本の内容を簡略的に説明すると、ほとんどの人がヒンズー教であるインドは、まだカースト制度が根強く残ってるんだけど、その中でも最下層の「不可触民」と呼ばれるカーストにすら入れない超絶に差別されたダリットは、触ることすら不浄とされてて、人間としての扱いを受けてない環境だったの。

 

でも日本人の佐々木秀嶺さんという僧のおかげで、いまやダリットが次々に仏教に改宗して、カーストから抜け出し、その人数はすでに一億五千万人を越えてるらしい。

 

しかし、この佐々井さんはボロボロの衣を着て、食べ物も超質素で、お金は全て人にあげちゃうし、痩せてて小柄で部屋も狭くて、とても一億五千万人のトップに見えないんだけど、めちゃくちゃ熱い男で、話もすっごい面白くてやっぱり超リスペクトなお人柄。

 

んで、この本は、そんな佐々井さんの密着同行記なのだ。

 

全然堅苦しく書いてなくて、超ユーモア満載で、今年読んだ本の中でもトップ3に入るくらいオモロくてオススメ。

 

そうそう、佐々井さんの影響で、某有名IT会社の社長も出家して話題になってるよね。

 

 

からの!!

 

私も佐々井さんのいるインドに行ってみたい!!と思い「インドインド!!」って騒いでるワケ。

 

早速、この話を旦那っちにしたらさ、「別にそんなじいさん会う必要なくない?」だって汗

 

そんなじいさん、、、

 

まあたしかに会う必要はないよ笑

 

でもまあ、また違うねんな、必要とか必要じゃないじゃないねん。

 

心の問題やねん。

 

旦那にはわかるまい。。。

 

インドに呼ばれてる感

 

あとインドって、「呼ばれないと行けない」って言うよね。

 

私もバックパックでアジアを旅行した時、どうもインドは行こうと思わなかったんだよね。

 

旅仲間から、インドに行った人の話はよく聞いてたんだけど、「俺、インドから日本に帰ってきたら、日本の便座なら舐められるって思った」って言ってた人とかいて、インドのイメージがすさまじかった笑

 

でもね、なぜかおいら、40オーバーにして、そろそろインドに呼ばれてる気がするんだよなあ。

 

佐々井さんを知る

 

佐々井さん、こないだ4年ぶりに日本に帰国したんだよね~

 

会いに行ってみたかったけど、沖縄にはいらっしゃらなかった…

 

だって今現在88歳とご高齢だもん!!

 

さすがにそんな無理はできないよね。

 

まあでも仮に私がインドに行けたとしても、佐々井さんに会える確証もないんだけど、できれば佐々井さんがお元気なうちに行きたいなあ~とね。。。

 

佐々井さんの記事とオススメYouTube貼り付けておくので興味あったらみてね。

 

オススメの記事はこちら → 佐々井秀嶺さんのこと

 

何度も言うけどこの本は超オススメだよ。

 

買って損はさせない本だと思う。

 

キンドルがお安くてオススメ。

 

北インドか南インドか

 

でも、インドって言ってもかなり広いんだけど、佐々井さんがいるのがわりと北インドなんだよね。

 

北インドはガンジス川があったり、瞑想とかヨガがわりと有名っぽくてそれはそれで私一人で行くなら良いんだけど、長女連れてく疑惑(てかまだ全然現実化の見通し経ってないけどw)もあって、そうすると退屈かなあと??

 

それと、北は時期によっては最低気温がめっちゃ低いっぽい。

 

あと北のインドカレーは、こってりしたバターとかカシューナッツ系のカレーが多いっぽくて、私すぐ胃もたれしちゃうから、ちょっと不安。

 

反面、南インドは暑くて、温度差も少なくて沖縄とちょっと似てるっぽい。

 

で南インドのカレーはサラサラしたさっぱりタイプで、フィッシュカレーとかが多くて、わりとどこの食堂行っても日本人の口に合うらしい。

 

北か南か…

 

旅での「食」ってすごい重要だよね。

 

特にインドは3食全てカレーとかになりうるわけじゃん。

 

インドカレーを食べに行く

 

って、北インドと南インドの違いをもっともらしく書いたが、これ昨日、インド気分を味わいたくて行った、インドカレー屋のお兄さんに聞いた笑

 

読谷コフタ

 

ここは南インドカレーなんだけど、マジ美味しいよ。

 

2,3ヶ月に一回くらい食べたくなる。

 

 

初めて外のテラスでで食べたんだけど風が気持ち良くて、最高っすわ。

 

沖縄はこだわりのインドカレーのお店すごい多いよね。

 

どこかインドカレーオススメのお店があったら、X(Twitter)のコメントで教えてね!!

 

インドオススメの本

 

ということで、長くなりましたがインドに行きたい!

 

まとめますと、ただそれだけです。

 

きっともしインドに行くことになったら、突然「今空港でこれから行ってきます」って報告すると思う笑

 

楽しみにしててね。

 

そうそうこの中谷美紀さんのインド旅行記も、有名だよね。

 

超面白い。

 

歴史もすごい詳しく書いてあって旅の珍道中も面白く描かれていて、あんな美しいのにこんなのも書けるって天は二物与え過ぎだから。

 

北インド

南インド

東西インド

 

この本は、まずは北インドから読むのがオススメです。

 

あとは佐々井さんのこの本ね。

 

 

興味あったら読んでね。

 

ファファ〜〜

 

チャオ

 

ラエコ

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2021年、娘2人を連れて家族で東京から沖縄に移住したラエコと申します。

 

 

暇さえあれば何かしら動いてる落ち着きがない性格です。

旅、読書、映画を愛してますが、日々すったもんだであまり時間が取れません。

日々何気ないこと呟いていますので、よければX(Twitter)も覗いて見てね。

ブログは

沖縄の暮らし

雑記ブログ

読書&映画

の日記に分かれてます。

しょーもないことばっか書いてますが暇つぶしにどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました