オンライン英会話のサンクスコスト

雑記ブログ
スポンサーリンク
記事内に広告(商品プロモーション)を含む場合があります

オンライン英会話のサンクスコスト

 

英語力が全くなくて困っている。

 

しかも、ここ3、4年オンライン英会話をしているにも関わらずにだ。

 

去年なんか娘の保育園の英語の先生に「9月は~」というのに、「September」というフレーズが出てこず、「nine month」と言ってしまい、「は?9ヶ月がどうした?」みたいになって、冷や汗かいた。そして落ち込んだ。

 

Septemberは、いまどき小学生、いや幼稚園児でも知ってる子はいるのでわ、、、

 

あと、駐車場で車をどこに停めるかについて、米軍(アメリカ人)の方と話す機会があった時に、「あなたはここに停めたいの?」と聞きたかったけど、「Do you want to here?」と聞いてしまい、まあ伝わったのだけど、「あなたはここが欲しい?っておいおい笑」とその後自虐的になってしまった。

 

いや、英語の勉強をしていないなら、わかる。

 

でもしてるからね。長いこと。

 

そもそも英語を始めたのはコロナ前で、海外旅行に行った時に使えたらと思って始めたけど、コロナが始まり自由に海外に行けなくなり、コロナが終わったと思ったら円が弱くなり、「海外旅行っていつ行けますのん?!」という感じで、先が見えなくなってしまった。

 

しかし、ここで止めたら今まで勉強が水の泡と思って…まさにサンクスコストにとわれている結果。

 

「サンクスコスト=すでに投資したものから、もはや撤退したとしても取り返せない金銭や労力など」

 

このブログを書くにあたって、自分がオンライン英会話に費やした時間を調べたら、なんと18400分だった。

 

時間にして、306時間😇

 

でもね、悪いことばかりでもないのさ。

 

オンライン英会話をすると、いろいろな国の人と話せて、その国の人の考えや生活を知ることができて、海外にいけなくても束の間海外にいる気分を味わうことができる。

 

タイの離島に住んでいる先生は、自分の家のヤシの木に囲まれた周辺を見せてくれたり(東京に住んでる頃は珍しかったが、沖縄に住んでるいまこれはお馴染みの光景になってしまった)、

 

日本で結婚式の牧師のバイトをしてたよ!って先生とか、

 

家族でアジアを旅行しながら間にオンライン英会話で小銭稼ぎをしているカナダ人の先生は「もうすぐ帰国して娘はホームスクールするんだ」と話してくれたり、

 

「へーーこういう考えの人もいるんだ」っていうのは、英会話の勉強以上にタメになったりする。

 

一時期は、日本人の若いイケメンの男の子のレッスンを取っていて、オンライン英会話ならぬ、「推し活」に勤しんでた(利用方法間違ってます)。

 

あとはもう3、4年もやってると、長い先生は昔ながらの友達みたいな感じで、家族構成や最近の出来事などお互い知り尽くしてる感があり、忙しくてレッスンが取れてないと、「元気にやってるかな?」と考えてしまう。

 

会ったことはない、この先も会うことはない。

 

さて、オンライン英会話をしていて思うのだが、やはりこういうのも人気商売であって、話していて楽しい先生の予約はまた取りたいと思うし、逆に、「うわーつまんねー時間の無駄だった…」と思う先生もいる。(でも向こうも思ってると思う)

 

私が話していて楽しいと感じるのは、総じて「人に興味がある(興味があるフリをできる)」あと、「無邪気に自分のことを話してくれる」先生だ。

 

オンライン英会話は、初めてレッスンする先生の場合、自己紹介の有無か選べるんだけど、私は必ず有にしている。

 

だって、さすがにこれから25分話すんだから、多少はどんな人か知っておきたい。

 

で、「東京から沖縄に越しました」って言った場合、普通にスルーされる場合と、「へーなんで東京から沖縄に住んだの??」と聞いてくる人とか、反応は様々。

 

もちろん自己紹介を短くして、勉強の時間を長く取ろうと思ってくれてるのかもしれないけど、自己紹介に一切質問がないと、「え?興味なかった?」と思ってしまう。(あ、これ承認欲求?)

 

あとは、「How are you?」とお決まりのフレーズを言われた場合、私は「I am fine and you?」とお決まりで返すけど、その後向こうが「うーん、まあまあかな、今日は外が曇っていて寒いからね」とか「超ハッピーだよ!めちゃくちゃ天気が良くてレッスン前にビーチを散歩してたらその周りでヨガやっている人たちがいてさ〜」とか言ってくれると、「あ、型にハマったやりとりじゃない人なんだなー人間味あるな!いいね!」と思ってしまう。

 

逆に完全にガチガチの「仕事以外のことはしませんし話しません!」ぽい人もいて、それはそれで勉強になる。

 

そういう先生は、色々聞いてもそっけないので「失礼しました…」という感じで。

 

と、ここまで書いて、「あれ?あたし英語話せてる?_?」と思ってきた笑

 

意外と話せてるのかも、片言大魔王だけど。

 

オンライン英会話やめようか迷ってたけど、ここまでやったからもったいないから(サンクスコスト)、もうちょっと続けてみよう…

 

ラエコ

 

いつかのブルックリン 。また行きたい

タイトルとURLをコピーしました